その他

家事楽動線のポイントを解説!料理・掃除・洗濯が時短できる間取り例

Pocket
LINEで送る

マイホームを建てるとき、間取りにこだわりたいという方は多いですよね。特に最近は「家事が楽になる動線にしたい!」と希望される声がよく聞かれます。   毎日、料理や洗濯、お掃除と大忙しのみなさん!今回は家事楽動線について詳しく考えてみましょう。  

家事動線が短い=大きな時短に

家事動線とはその名の通り「家事をするときに移動する経路」のことです。   たとえば朝や夕方は「料理をしながら、洗濯・掃除・お子さんのお世話などを同時に進める」といった方も多いですよね。 そのためキッチンや洗濯する場所はなるべく近く、移動経路が短くなるような間取りにすると、家事がスムーズに進みます。   では実際の間取りを見ながら、具体的にイメージしてみましょう。
この間取りは、キッチンのうしろから洗面室から浴室までつながっています。ごはんの支度をしながら、お子さんの身支度を手伝ったり、洗濯機を回したりと同時に進められますね。   しかしこの間取りで一つ気になるのが、浴室までで行き止まりになっているということ。そこで洗面室から玄関側への扉をつくるとどうでしょうか?
 
これだとキッチンから洗面室、玄関、トイレへと行け、リビングにぐるりと回って戻ってくることができますね。   こういった動線を「回遊動線」といいます。両方向からお部屋に行けるので、家事効率がアップ!少し間取りを変えるだけで、大きな時短につながりますよね。
 

料理・配膳・片付けが楽になる動線

次に注目したいのが、キッチンとリビング・ダイニングとの関係です。引き続き、先ほどと同じ間取り図を見てみましょう。
 
キッチンは対面式で、リビングやダイニング側が見渡せます。キッチンで家事をしながら家族の顔を見られるので、小さいお子さんがいるご家庭にもおすすめです。カウンター越しに配膳・片付けもできて、すごく楽になりますよ。   そして料理に関する動線で、意外と見落としがちなのが、玄関からキッチンまでの距離。玄関とキッチンが遠いと、買い物から帰ってきたとき、荷物を運ぶだけで一苦労です。

そこで玄関からキッチンへ直通する扉をつくると、どうでしょうか?

わざわざリビング側まで回らずに、最短距離でキッチンまで行けますよね。これで買い物から帰ってきたとき、食材を冷蔵庫にしまうのも楽ちんです。   またキッチン横に勝手口をつくられる方も多いです。キッチンから直接外に出られるので、ゴミ出しがすごく楽になりますよ。
 

掃除を楽にするには収納がカギに!

次にお掃除を時短する間取りです。これを解決するコツは「物をしまう場所に収納をつくる」ということです。   家族それぞれが使ったものを自然と元に戻すので、いつも家がスッキリ。片付けの手間がなくなり、お掃除が楽になります。   こちらの間取りでも、テレビボードを造り付けて、左右に収納をつくっています。ダイニング横のカウンターにも収納があるので、家族みんなが使う文房具や薬など、意外と収納に困るこまごました物をサッとしまえます。

大切なことは収納の量よりも「収納の位置・出し入れのしやすさ」です。この2つのポイントをイメージして間取りをつくると、片付けがぐんと楽になりますよ。
 

最近人気の「洗濯が楽になる」間取り

最近のご要望として多いのが、洗濯を楽にする間取りです。洗濯には「洗う→干す→たたむ→しまう」という4つの工程があります。   洗うところから収納までを考えた間取りがこちらです。

洗面室に「室内干しユニット」を取り付け、洗濯機から出したものをその場で干せるようにしています。 「洗濯物は室内に干したい」「なかなか外で干せない」という方は、室内干しユニットをつけるととても洗濯がスムーズになりますよ。外に洗濯物を干したい方は、洗面室に勝手口をつけるというのも一つの手です。   干したあとは、「たたむ・収納」という工程もありますよね。洗面室に収納があると、収納の効率がぐんとアップします。洗面室から直接ウォークインクローゼットに行けるような配置もおすすめです。

すべての洗濯物を洗面室にしまうのは難しいという場合もありますよね。そういった場合、タオルや下着だけでも洗面室にしまえるような収納をつけると、負担は大きく軽減できるでしょう。  

まとめ

料理も掃除も洗濯も、なかなかすべての家事を辞めるのは難しいもの。せめて無駄な動きは徹底的に省いて、ストレスフリーに家事がこなせる間取りをつくりましょう。家事のやり方は人それぞれなので、ライフスタイルに合わせて間取りを考えるのがポイントです。   家事動線でお悩みの方は、家事時短の間取りが得意なハウスメーカーや工務店に相談してみましょう。あなたのライフスタイルに合わせた家事楽動線や間取りが提案してもらえますよ。