その他

アレルギーで悩む方にも!自然素材の家の魅力

Pocket
LINEで送る

人生のなかで多くの時間をすごすマイホーム。なるべく家族の健康にやさしい家をつくりたいですよね。アレルギー疾患に悩む方が増えるなか、注目されているのが自然素材を使った家づくりです。今回は住環境とアレルギー疾患の関係や、住宅に使われる自然素材の特徴について解説します。

アレルギー疾患を引き起こしやすい住環境

近年の住宅では、ビニールクロスや合板、化学接着剤など、化学物質を含む素材がたくさん使われています。   高断熱化によって夏でも冬でも快適な温度を保っていますが、実は問題となるのが湿度。ビニールクロスや合板で囲まれた室内は、湿度の調整がうまくできず、結露を引き起こす可能性があるのです。   結露ができて湿気が高い状態がつづくと、カビやダニといったが繁殖しやすくなります。そうするとアレルギー疾患をはじめ、住む人の健康にさまざまな悪影響をおよぼす可能性があります。
今やアレルギー疾患は、年々増加傾向に。全人口の2人に1人は、何らかのアレルギー疾患を持っているともいわれています。そのなかでも住環境によるアレルギーといわれているのが、「喘息」「アトピー性皮膚炎」など。あなたの周りでも悩まされている方は少なくないのではないでしょうか。こういったアレルギーを引き起こすような化学物質を含まないのが自然素材です。   自然素材と一口にいってもさまざまな素材がありますが、今回はホームライフの住宅でもよく採用率の高い「無垢のフローリング」と「漆喰」について詳しく見ていきましょう。  

代表的な自然素材➀無垢のフローリング

木材でできたフローリングは、大きく分けて「無垢」「合板」の2種類があります。どちらも木でできていますが、薄くスライスした木や樹脂シートなどを合成接着剤で貼り合わせたもの。一方、無垢は丸太から切り出した一枚板のフローリングです。

夏は涼しく冬は暖かい

合板のフローリングだと、夏に足の裏がベタベタしたり、冬にひんやりとした冷たさを感じたりしがち。しかし無垢のフローリングであれば、夏に素足で歩いてもサラッと気持ちがよく、冬はぬくもり感があって足元が冷えにくいです。  

本物の木の味わいを楽しめる

無垢フローリングなら、本物の木のやわらかさや手触りも楽しめます。部屋じゅうに木の香りがひろがり、リラックスできる空間に。年月がたつとともに、色合いも味わい深く変化していきます。  

湿度を調整する機能

先述したとおり、ビニールクロスや合板フローリングに囲まれた空間では、湿度が家の中にこもってしまう可能性があります。しかし無垢フローリングは空気中の水分を吸ったり吐いたりして、お部屋の湿度を快適に保てるというのが一つの良さです。
湿度がある程度高いと、空気中の水分を吸い込んで保持。乾燥している日にはその水分を空気中に放出することで、お部屋の湿度を常に快適に調整します。  

手入れをしながら大切に使える

無垢フローリングでは、ワックスを塗り直したり磨いたり、日頃のお手入れも大切です。こういった家とのお付き合いが楽しめるのも、自然素材の良さといえるでしょう。   合板だと古さ=劣化という考え方で、傷んでくると新しいものに交換が必要です。しかし無垢材の場合は、傷や汚れも味わい深さととらえることができます。時間がたつにつれて色が濃くなり表情が変化するのを楽しめて、家への愛着も増してくるでしょう。  

代表的な自然素材②漆喰

漆喰とは、消石灰にノリやスサなどのつなぎを混ぜた、自然の塗装剤です。昔から城や屋敷の壁にも使われてきた素材で、最近ではよく外壁や室内壁の仕上げ材として使われます。  

静電気を帯びにくい

漆喰の主成分である炭酸カルシウムは、静電気を帯びにくい性質です。静電気を帯びやすいビニールクロスは空気中のホコリを引き寄せてしまい、テレビの裏にホコリがたまって大変…といった悩みもありますよね。漆喰壁なら乾燥した季節もホコリがつきにくく、長時間お部屋を白く保つことができます。

メンテナンスも簡単

ちょっとした汚れは消しゴムでこすったり、カッターナイフで削ったりして消すことができます。全体的に汚れがついたときにも、薄めた石灰水、補修用の漆喰のローラーなどを使い、自分で簡単にきれいにすることができます。  

優れた吸湿・放湿機能

漆喰は微細な多孔質の素材。優れた吸放湿機能をもっており、室内の湿度を快適に調整してくれます。結露を防ぎ、アレルギーを引き起こすカビ・ダニの発生を抑制。建物の耐久性も向上させます。部屋干しのイヤなニオイが気になるという方にもおすすめです。  

インフルエンザウイルスを99.9%不活性化

ホームライフで使用している無添加オリジナル漆喰は、インフルエンザウイルスを99.9%不活性化させるという実験結果もでています。漆喰は人間にとって良い働きをする「善玉菌」との相性がよく、他の雑菌などは活動しにくくなるそう。健康にやさしく、お部屋のイヤなニオイを防ぐメリットも。空気が澄んだ気持ちの良い空間をつくってくれますよ。  

自然素材で健康にやさしく味わい深い家に

無垢フローリングや漆喰を使った自然素材の住宅は、本物の素材の質感や見た目、経年変化を楽しんでいただけます。また体にやさしい健康素材を使っているということ自体がメリットになるでしょう。特に目線の低いお子さんやペットにとっては、大きな影響があると考えられます。これからマイホームを建てるという方は、ぜひ健康で暖かい自然素材の家もご検討ください。