その他

「家を建てたい!」と思ったら最初にやること3つ

Pocket
LINEで送る

マイホームを建てるきっかけは「子どもが生まれて家が手狭になってきた」「家賃の支払いがもったいない」「老後の暮らしに備えたい」などさまざまあるかと思います。最近では、コロナ禍で外出しにくかったり、テレワークが導入されたりと、家にいる時間が増えたからという方もいらっしゃいますよね。   しかしマイホームを建てたいと思っても、何から始めたらいいか分からない方は多いのではないでしょうか。そこで今回は「家づくりで最初にやること」を3つのポイントに絞ってご紹介したいと思います。  

やること➀建築会社選び

まず一つ目は、建築会社選びです。最初に家づくりのパートナーを決めることで、次にやるべき資金計画や土地探しもスムーズに進みます。  

エリア内の建築会社をピックアップ

家づくりを依頼するハウスメーカーや工務店には、対応できる施工エリアというものがあります。最初に家を建てたいエリア内の建築会社をピックアップしましょう。

希望に沿った会社を絞り込む

建築会社ごとにコンセプト・断熱・価格帯・構造など、色んな比較項目があるかと思います。やみくもに建築会社を見て回るのではなく、「どんな家にしたいのか?」という希望に沿った建築会社を絞り込むのがおすすめです。気になる会社があればカタログを請求してみると、その会社の家づくりについて理解しやすいですよ。  

モデルハウスや完成見学会へ足を運ぶ

候補が絞れてきたら、その会社がつくった建物を実際に見に行きましょう。敷地の使い方や空間づくりなど、カタログや写真だけではわかりにくいこともリアルに体感できます。わからないことがあれば、積極的に質問してみてくださいね。

 

やること②資金計画を立てる

やること二つ目は、資金計画です。ほとんどの方が住宅ローンを借りることになりますので、「月々いくらローンを返していけるのか」「貯蓄からいくらくらい自己資金を出したらお得なのか」などを考えていかなければなりません。   以下にざっくりとした資金計画の流れをご紹介しますが、ご自身で細かく計算するのはなかなか難しいので、建築会社にサポートしてもらいながら進めましょう。  

毎月の返済額を知る

住宅ローンの借入額の目安として「年収の25~35%くらいにするとよい」などの話を聞くこともあるかと思います。しかし同じ年収でも、人によって「家」にかけられるお金はさまざま。そこで資金計画の際には、まず「毎月いくらくらいなら無理なく返済できそうか?」を考えることをおすすめします。  

諸費用と頭金について考える

新築一戸建ての場合、物件価格の6~10%程度の諸費用(税金や手数料など)がかかります。たとえば総予算4,000万円の一戸建てであれば、諸費用は240~400万円が目安です。   諸費用は現金で用意するのが一般的。貯蓄から用意できる初期費用から諸費用分を引いたものが、頭金となります。  

予算をシミュレーションする

たとえば無理なく返済できる金額が月10万円、借入金利が1%、返済期間が35年の元利均等返済とすると、借入可能額は3,542万円と計算できます。  

こういったシミュレーションは金融機関のホームページ等で簡単にできるツールがありますので、活用してみてください。ここに用意できる頭金を足すと、ざっくりとした予算がつかめるかと思います。

 

やること③土地探し

やること三つ目は、土地探しです。新たに土地を買って家を建てる場合は「どんな大きさの家が建つのか」「今の家の買いたい費用がいくらかかるのか」など見極めつつ土地を探さなければなりません。  

土地の希望条件を整理する

土地を決める前に、どんな土地でどのように暮らしたいのか、ご家族のイメージを共有しましょう。

 
<立地条件> <周辺環境> <土地の条件>
  • ・最寄り駅までのアクセス
  • ・通勤や通学の利便性
  • ・ご実家との距離感
  • ・スーパーやコンビニ
  • ・ショッピングモール
  • ・公園や子育て支援施設
  • ・広さ、形、日当たり
  • ・建ぺい率、容積率
  • ・用途地域
  • ・土地に接している道路
  • ・地盤
 

ここでポイントとなるのが、希望条件に優先順位をつけておくということ!すべての条件を満たす100点満点の土地というのは、普通は見つからないものです。

  土地というのは、ある程度スピード感をもって決めることも大切。よい土地がでてきたときに早めに決断できるよう、「絶対に譲れない条件」や「できれば叶えたい条件」などを整理しておきましょう。  

不動産業者や建築会社と土地を探す

希望条件がある程度整理できたら、実際に物件を探します。条件に合う土地を不動産業さhにピックアップしてもらいましょう。   また建築会社から希望の家が建つような土地を紹介してもらう方も多いです。予算も土地+建物とトータルで考えられますし、候補地の法律上の制約などもしっかり確認してもらえるのでおすすめです。  

インターネットも手軽に探せる手法のひとつ。ただし最新の情報でない場合もありますので、あくまでも相場感を知るなどの目的で活用されるとよいでしょう。

 

まとめ

家づくりは資金計画や土地探しなど、知識がないとなかなか難しいステップも多いですよね。「大変そうだ…」と思ったかもしれませんが、ご安心ください!  

まず「やること➀建築会社選び」にさえ手をつけてしまえば、あとは資金計画も土地探しも建築会社がサポートしてくれます。ご自身の希望条件をまとめたり、貯蓄額から最適なマイホーム資金を計算したりするのも、手伝ってもらえますよ。

家を建てたいけれど、何から始めていいかわからない。そんな方はモデルハウスを見に行ったり、カタログを請求してみたり、何でもいいので一歩踏み出してみてください。きっと次へ進むためのヒントが見つかるはずです。